東京の某外資系企業で働くクリエイターmasaya™️さん | SUITABLISM

東京の某外資系企業で働くクリエイターmasaya™️さん

ブログの更新を長らく断捨離して、はや半年以上。心機一転でブログ執筆を再開します。

今回から、SNSで見かけるミニマリストやフラッシュパッカーへのへのインタビューやアンケートを通じて、断捨離術やミニマルライフのコツを学ぶ「HOW I MINIMAL」シリーズをスタート。

多様なミニマリストのライフスタイルを知ることで、自らの暮らし方へのヒントを得られるかもしれません。

東京の某外資系企業で働くクリエイターmasaya™️さん

masaya™️さんとの最初の出会いのきっかけはネットサーフィンから。高城剛について検索していたときに見つけました。

最初の印象は「ミニマリストが憧れるミニマリスト 」。洗練されたライフスタイルを実践されているミニマリストとして気にかけていたところ、ひょんなことから2017年後半からツイッター上でも仲良くさせていただいており、今回インタビューに至りました。

ミニマリストになった経緯を教えてください

所有物を少しづつ減らし始めたのは2010年頃で、東日本大震災をきっかけに本格的に着手し、2016年にはスーツケース2個に収まるまでになっていました。

これまでにたくさんの服や靴、ブランド物なども買いましたし、インスピレーションを受けるためにたくさんの本やDVDなども買いました。また、趣味でDJもやっていたので様々な音楽機材や膨大な数のアナログレコードも所有していました。

そして社会人になってから広告の仕事をするようになり、日々人々に消費させるための手伝いをしているうちに、大して好きでもないモノを買ったり所有していることにウンザリしてしまったんです。

その反動からか、服やガジェットも選りすぐった必要最低限のモノだけを持つようにしようと所有物を少しづつ整理し始めました。

そして旅好きということもあり、普段から旅先のホテルにいる時のように生活したいと思って模索していたら、いつの間にかスーツケース2個分の所有物になっていました。

最初からモノを持たない選択ばかりしていたら、モノ選びのセンスなどが磨かれなかったとも思うので、身銭を切ったことでしっかりと自分の経験として積み重なっていると実感しているので、全くムダだとは思っていません。

仕事やプライベートで「愛用している」ツールはありますか

Adobe Creative Cloud

アドビのアプリケーションを利用できるサブスクリプションサービス。プライベートでも仕事でも愛用していてクリエイティブワークに欠かせません。

Dropbox

長年愛用しているクラウドストレージサービス。主に進行中のプロジェクトのデータを入れておく作業用フォルダとしてや、書籍などのデータを保存しておくのに使っています。

会社と自宅のMacでのデータ共有や、MacとiOSデバイスでのデータ共有に欠かせません。

Evernote

日々の思考やアイデア、メモや書類、インターネットで気になった記事などを保存しておく、脳の外部記憶装置として長年愛用しています。

必要になった時に検索して見つけるようにしていて、タグ付けなどの整理作業は必要最小限にとどめて時間を無駄にしないよう心がけています。

Todoist

近年タスク管理に愛用している無料ToDoアプリ。シンプルなインターフェースで使いやすく、1つのタスクにサブタスクをぶら下げることができるのが気に入っています。

MacとiOSデバイス以外にも、AndroidやPC、ブラウザからなど様々なデバイスからのアクセスに対応しています。タスクにはしっかり時間を設定しておき、Googleカレンダーとシンクしてスケジュールに反映させています。

Spotify

すっかりSpotifyが音楽を楽しむための生活インフラになっています。新譜のチェックはもちろん、よく聴いている曲を解析して様々なプレイリスト提供してくれるのが便利。

プレイリストが聴き終わっても、似たような曲をリコメンドし続けてくれるので、良い曲との偶然の出会いもあって気に入っています。

PopClip

Mac用のテキストのコピペを拡張できるアプリ。テキストを選択するとiOSのようにウィンドウが展開し、コピー、ペースト、カットが自由自在にできます。

それだけでなく、全角と半角の変更、英語の大文字と小文字の変更、GoogleやAmazon検索、辞書、Google翻訳、Evernoteに飛ばしたりなどのアクションがワンクリックで可能。

また、アクションは任意にカスタマイズができます。

iPhoneのトップ画面を教えてください

  • Safari
  • Feedly
  • Pocket
  • Nuzzel
  • ミュージック
  • Spotify
  • Evernote
  • Ulysses
  • 写真
  • Google フォト
  • Lightroom CC
  • VSCO
  • Instrumental™(ブックマーク)
  • Buffer
  • Twitter
  • Instagram
  • Kindle
  • i文庫S
  • Dropbox
  • Beddit
  • Calm
  • アクティビティ
  • Nike+ Run Club
  • Slopes
  • Pillow
  • ヘルスケア
  • 天気
  • Todoist
  • Spark
  • Outlook
  • Slack
  • Discord
  • Skype
  • LINE
  • メッセージ
  • FaceTime
  • 電話
  • 設定
  • カレンダー
  • リマインダー
  • ノート
  • カメラ

ご自宅や職場における「お気に入り」の場所はどんな環境ですか

自宅のデスク

職場にお気に入りの場所は無いですが、自宅のお気に入りの場所はデスクですかね。

全長2.5mほどの長い白の天板を折りたたみできる脚に乗せてデスクとして使っています。

これくらい大きなサイズのデスクってなかなか見つかりませんが、天板だけなら簡単にオーダーできるのでオススメです。

クリエイティブ作業も食事も、何でもここで済ませてしまいます。

「最も捗った」ライフハック術は何ですか。

電話に出ない

プライベートでも仕事でも、突然かかってきた電話には出ません。こっちのタイミングを全く考えてなくて嫌いなんです。

こっちが集中している時だったり、リラックスしている時にかかってくると、その瞬間に中断されてしまうので基本的に着信音も切っています。

留守電も契約してません。わざわざこちらから電話をかけるのが面倒だし、かけてメッセージが要件を言わずに「また電話します」とかだと意味無さ過ぎてイラッとするので。

その後に要件がメールなどで送られてくるし、全く問題無いです。

結局テキストにまとめるのが面倒なだけですよね。もちろん直接話さないと伝わりにくい場合には電話します。

歩きながら考える

仕事をしながら軽いウォーキングができるし、特に屋外の自然の中を歩くと気持ちもオープンになるので、なかなか考えがまとまらない時に、フラッと外を歩くとアイデアが浮かんでくる実感があります。

スタンフォード大学の研究によると、歩いている時にはクリエイティビティが平均60%もアップするそうです。

家事をアウトソーシングする

日常的な家事に浪費される時間と労力は、食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機、ロボット掃除機を使ってそぎ落としています。

また、キッチン、風呂場、トイレなどの水まわりの掃除も、自分でやらずに家事代行サービスを利用してアウトソーシングしています。

部屋の掃除や片付けはもちろんのこと、洗濯物までたたんでくれるのでラクちんです。

今までに色々と試してきましたが、鍵を預けて不在時に掃除してもらっています。

自分にとって重要でないことに時間と労力をかけることほど無駄なことはありません。

携帯電話とPC以外で「手放すことができない」ガジェットはありますか。

Sony α7 III + Leica Summilux-M F1.4/35mm

 

子供の頃から写真を撮ることが大好きで、父親がカメラ好きだった影響もあり、ライカのカメラでフィルムを使って写真を撮り始めたのを機にハマりました。

現在愛用しているのは『Sony α7 III』で、フォクトレンダーの『VM-E Close Focus Adapter』を装着してライカMレンズ『Leica Summilux-M F1.4/35mm』を使っています。

ボクのカメラ選びの基準はライカレンズが使えてコンパクトであることが重要なので、デジタルボディはどんどんアップデートしています。

ライカには最先端のボディを期待してはいないので、ソニーの最先端デジタルボディと、熟練した職人たちによって手作りされたライカレンズという組み合わせが気に入っています。

「最も大好きな」楽曲を3曲教えてください

難しくてとても選べなかったので、2曲は最近聴いてた曲から選びました。

Trip The Light – Kaz James

たまたまSpotifyでレコメンドされて去年良く聴いていました。
アップでゴキゲンなサウンドで、旅に出たくなってウズウズしてきます。実際旅先でも良く聴いていました。

Airstrings – Space One

バッハの「G線上のアリア」をサンプリングした曲。
昨年イビサ島西側のサン・アントニの海岸沿いにあるチルアウトミュージックの聖地『Café del Mar(カフェ・デル・マール)』に行った時に、世界一とも言われる夕日に合わせて流れてきて鳥肌が立ちました。

Love – Keyshia Cole

歌声がソウルフルで大好きなキーシャ・コールのラブソング。スタジオライブ版もオススメです。

「何度も読み返してしまう」愛読書は本や漫画は何ですか

一度読んだ本を時間が経過した後に読み返すことはないですね。

パラパラと一度読んだだけでよくわからなかったことや、気になった部分はその時に何度か読み返します。

読み終えた本はEvernoteに読書メモを残しているので、思い出したい時は基本的にそのメモを読むことが多いです。

「週4時間」だけ働く

影響を受けた本ということであれば、ティモシー・フェリス氏の『「週4時間」だけ働く。』です。

2011年に日本語訳が発売された時に読んで、徹底的に無駄を省き、本当に重要な事にフォーカスして、いかに短時間で成果を上げるかという働き方と、先送り人生プランを捨て、「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きようというライフスタイルに衝撃を受けました。

ここに書かれているような働き方を日本企業で実現するのはほぼ不可能ですが、システマチックな考え方や、やらないことを明確にして、それらを徹底的にアウトソーシングする大胆なアプローチなどはかなり参考にしています。

これこそ究極のライフハック本だと言えるんじゃないでしょうか。

「よく着用してしまう」コーディネートを教えてください

全身黒

たまに黒ばっかりで飽きない?って言われるんですが、飽きないどころか気分がアガります(笑)。

デザインなどに関わるクリエイティブな業種の人って、結構シンプルな格好してる人って多い気がします。

ホワイトのオックスフォード生地のボタンダウンシャツ

大好きで良く着てるんですが、旅先にも必ず一着持って行きます。

空港ではポケットにパスポートを入れておけて機能的だし、ちょっといいホテルやレストランに行く時なんかにも重宝します。

つい先日は手ぶらでクアラルンプールに遊びに行ったんですが、空港でめちゃくちゃ怪しまれたんですけど、白シャツの効果もあってか捕まることはありませんでした。ボク見た目は爽やかなので(笑)。

モノを所有するときに「必ず従う」こだわりを3つ教えてください

デジタルガジェットは消耗品

ボクは新しいデジタルガジェットはとりあえず試してみるというくらいガジェット好きですが、あくまで消耗品として割り切って使っています。

なのでデジタルガジェットは手放すことを前提に、必ずリセールバリューを考えて購入するようにしています。

モノはあくまで道具

長く使えるモノでもいつかは壊れるし、無くしてしまうこともあるので、そういった場合に買い直せばいいと思えないような高価なモノは購入しません。

あくまで道具に過ぎないはずのモノに所有されたくありませんから。

そもそも「一生モノ」のような高級品に価値を感じることはありませんが、自分にとって身の丈にあったモノを選びたいですね。

軽量でコンパクトなモノ

あらゆるモノは軽量コンパクトなのはもちろん、折りたためるモノやスタッキングできるモノなどを選んでいます。

軽量コンパクトなモノだと、出かける時に持って行こうかどうしようかいちいち迷うことが無くなって使用頻度は上がるし、自宅用と旅行用を別々にしなければ所有物も増えません。

また、ボクは所有するモノの数ではなく容量で考えるようにしていて、特にかさばる衣類は数ではなく容量で考えること重要視しています。

現在ボクはソフトシェルやハードシェルジャケットなど、アウターを4着所有しています。

これらを組み合わせることで普段の生活から旅先、真冬の雪山でのスノーボードまで、あらゆるシーンと全天候に対応できます。

これらはコンパクトに折りたたむことができるため、厚手のニット1着よりもかさばりません。

「いつも持ち歩いている」モノ(EDC)について教えてください

毎日持ち歩くEDCアイテムもパンツの前ポケットに収まるモノだけと、モノを収納する容量の上限を決めています。

詳細は『手ぶらで生活する方法 』からどうぞ。

Apple iPhone X SIMフリーモデル

日本国内ではMVNOのSIM、海外では現地キャリアのプリペイドSIMで使用。

TGT 2.0

ここ数年愛用している、ゴムバンドとレザーポケットが一体になったミニマルなカードケース。

ゴムバンドにはカードを数枚、レザーポケットには紙幣を数枚入れることができます。

これにクレジットカード、キャッシュカード、免許証、社員証、PASMO、紙幣を入れて持ち歩いています。

Erato Apollo 7s


最近愛用しているフルワイヤレスイヤフォンなんですが、インイヤータイプで遮音性が高いのが特徴です。

付属のコンプライのポリウレタン製イヤホンチップを装着すると、音楽をかけていればほとんど周囲の音は聞こえなくなるので、集中したい時にはかなり重宝します。

サウンドもパワフルで、フルワイヤレスイヤフォンは色々と試しましたが、音質はトップクラス。

防滴性能も備えているのでスポーツにも最適ですよ。

EDC以外でかばんの中に「必ず忍ばせる」モノを教えてください

MacBook Pro


基本的にいつも手ぶらで生活しているので、普段バッグを使う時は必ずMacBook Proを持ち運んでいます。

会社用は15インチ、プライベート用は13インチを愛用しています。

バスルーム関連と日常生活用品一式


仕事で急遽ホテルに泊まることもあるため、バスルーム関連一式は無印良品のクリアーケースと小分け袋にまとめて普段からバッグに常備しています。

バスルーム関連に限らずヘアワックスや爪切り、歯みがき粉や歯ブラシなどの日常生活用品もまとめてあります。

「最も効果的だった」断捨離の方法があれば教えてください

所有物を全て段ボールに詰め込み、使うモノだけをその都度取り出していく

以前に一度所有物を全て段ボールに詰め込み、使うモノだけをその都度取り出していく実験をしたことがあります。

これは本当に必要なモノを見極めることができるのでオススメです。

わざわざ引っ越さなくても手軽にできる方法なので、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリしている人は是非一度試してみてください。

また、断捨離に関しては『所有物をスーツケース2個分にする方法』からどうぞ。

いまお答えいただいている質問を「どうしても聞いてみたい」相手はいますか

スティーブ・ジョブズ

(引用元: スカリー、ジョブズについて語る )

ジョブズがいつも黒のタートルネックにジーンズ、ニューバランスのスニーカーというファッションで有名ですよね。

若い頃はミニマリストで、家には彼がとても尊敬しているアインシュタインの写真が飾られ、ティファニーのランプと椅子とベッドが置かれているだけでした。

ボクが初めて触れたパーソナルコンピューターは、子どもの頃に父親が買ってきたオールインワンのMacintosh。

もしこの世にMacが無ければボクはデザインを仕事にしていなかったし、今とは全く違う人生を歩んでいたかもしれません。

人間の能力を劇的に増幅させる史上最高のツールであるMacを生み出したスティーブ・ジョブズに、尊敬の念を込めて是非聞いてみたいですね。

ジョブズは学生の頃ヒッピーのような生活をしていたり、アップルを創業してからもIBMをビッグブラザーと呼んで批判していたりと、常に大きな権力に対して対抗する精神も好きでした。

まぁでも結局iPodとiPhoneの成功によって自らがビッグブラザーになってしまったわけですが(笑)。

これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください

デザインを仕事にしてみれば?

現在東京の某企業でアートディレクターとして働いていますが、ボクは美大出身などではなく、大学では経済を学んでいました。

ただ、学生の頃から音楽が好きでDJもやっていたため、Macを使って自分のDJミックスのアートワークをデザインしたり、知人のクラブイベントのフライヤーやウェブページなどのデザインを手伝っていました。

就職先を探していた時に、スーツを着て働く仕事には就きたくないと思ってウダウダしてたところ、友人に「デザイン仕事にしてみれば?」と言われました。

今こうして広告業界で仕事をするようになったのはその一言がきっかけです。おもしろいですよね。

現在その友人は某大手企業でエンジニアとして働いていて、今でも良く遊んでいる数少ない友人の1人です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。masaya™️さんは数あるミニマリストの中でもトップ1%レベルに洗練されたミニマリストです。常に物のかさを決めた上で度重なるアップデートを続けていれば彼のようになれるはず。そんな彼の所有物をまとめた電子書籍『instumental™Things』も是非チェックしてみてください。