webディレクターとして働く旅好きミニマリスト女子ヤドカリさん | SUITABLISM

webディレクターとして働く旅好きミニマリスト女子ヤドカリさん

SNSで見かけるミニマリストやフラッシュパッカーへのへのインタビューやアンケートを通じて、断捨離術やミニマルライフのコツを学ぶ「HOW I MINIMAL」シリーズ第4回目。

多様なミニマリストのライフスタイルを知ることで、自らの暮らし方へのヒントを得られるかもしれません。

webディレクターとして働く 旅好きミニマリスト女子 ヤドカリさん

20ヶ国旅。引越し25回。

国内外問わず、トランクひとつで移動を繰り返してこられたミニマリスト女子ヤドカリさんをご紹介します。

 1.ミニマリストになった経緯を教えてください

10代後半から15年ほど、頻繁に引越しと旅をしていて、移動を楽にするために持ち物を少なくしていました。

実家を出た18歳から、予備校、進学、大学のキャンパス移動、転職のたびに引越していたので、引越し回数は約15年で25回以上、海外を合わせると40回は超えます。

移動(引越し・移住含む)をするほど、身軽さを第1に考えながら生活するようになり、荷物は最少でトランク1つ分に。アイテム数は60点くらいになっていました。

現在は京都に定住2年目。シェアハウスから一人暮らしになったので、アイテム数は去年(2017年)の倍になりました。

短期~長期で一人旅をよくします。

2015~2016年に5ヶ月間タイ、インド、ミャンマーを旅していた時の荷物は計8キロ。 2Lのトートバッグに入れていました。

楽に移動するためなら軽くする方を選んだ結果ですが、全く不便はありませんでした。

人が住んでいるところに旅するなら必要な物は現地で購入します。

捨てる罪悪感を感じながら捨てた分、今も物が増えにくくなりました。

捨てる罪悪感とはどのような感情ですか?

罪悪感は、せっかく手にした物を無駄にしてしまったことへの申し訳なさだと思います。

それを買うために働いた自分や誰かの時間、労力、それをつくるために働いていた人たちへの後ろめたい気持ちかもしれません。

実家で暮らしていた頃は、足の踏み場がないくらいの物を持っていました。

実家を出て一人暮らしをしはじめてから無駄な物の多さに気がつき、実家に帰るたびに大量に処分していました。

その時、捨てることの罪悪感と共に、使わない物をため続けることを反省し、その後は意識して無駄な物を買わない生活になっていきました。

結果として、気軽でいたいと思ったから、身軽を続けています。

身軽であると移動のハードルが低くなり、何かしたいと思ったときに早く動けるし、行動範囲も広がります。

気持ちも軽くなって過ごしやすいので、定住2年目の今でも物を増やし過ぎないようにしています。

2.仕事やプライベートで「愛用している」ツールはありますか(アプリ、ウェブサービス、サブスクリプション)

Google Map

Googleのマップアプリ。現在地から目的地まで、バス、電車、車、徒歩のルートや、それぞれの交通機関でどのくらいの時間がかかるかをすぐに調べられるので、なくてはならないアプリ。

方向音痴なので、国内外問わずGoogle Mapなしでは目的地にたどり着けません。

メルカリ

不要品売買が簡単にできるアプリ「メルカリ」は、持っている物を見て「使わない」と思った瞬間に売れる手軽さがあるので、売:買=8:2で日常的に使っています。

オークションサイトよりずっと楽に売買できるので手放せません。

pinterest

世界中の素敵な写真が集まっている、写真共有アプリ「pinterest」。気に入った写真を自分のお気に入りフォルダに入れることができます。

私は理想や目標を見える化するために「行きたい場所」「やりたいこと」「欲しい物」「ファッション」などの写真を整理して入れています。空いた時間が有意義に過ごせるようになりました。

寝たまんまヨガ

いつの間にか寝落ちするくらい睡眠効果の高いアプリ。瞑想効果も期待できて、集中力も高まります。 よく眠れて、リラックスもできるから、生活の質も向上。課金なしでも十分効果を感じるので、定期的に使います。

Amazonプライム

テレビは持っていないので、Amazonプライムで映画や動画を楽しんでいます。

テレビで放送できないような制限なしの動画がみられます。

最近のお気に入りは、映画よりもハラハラするノンフィクション「史上最悪の地球の歩き方」シリーズ。

これをみると、旅で一番大事なことは「武勇伝より、元気に帰国」だと気が引き締まります。

Amazon Music Unlimited

Amazonプライムに入っていても音楽は聴けますが、制限があります。

制限なしで聴くために「Amazon Music Unlimited」に入っています。

気分に合わせて適当に聴いていますが、ときどき「この曲良い」と思える音楽に新しく出会えるのが無制限の良いところ。

Airbnb

宿泊施設・民宿を賃貸ができるAirbnb。

ユニークな部屋に住めたり、住んでいるホストの方と交流ができるので、旅の楽しみが広がります。

長期短期問わず、2015年からは国内外ほとんどの宿泊先をAirbnbを使っています。

eBay

世界最大のオークションサイトといわれる「eBay」。

日本にいても海外でしか手に入らない物が手に入るのでときどき使います。

送料が高かったり、なかなか届かなかったり国内よりもトラブルはあるかもしれませんが、慎重に選べば回避可能。

海外旅行へ行ってその場で買いそびれても、同じ物、もしくは似たような物が見つかります。

DMMいろいろレンタル

季節の物、一回しか使わない物、試したい物はDMMでレンタル。

アウトドアグッズ、季節のイベントグッズ、スーツケース、AV機器などを幅広い物が借りられます。

所有しなくても、その物の価値を試せるレンタルサービスを積極的に活用することで、より快適に、便利に過ごせるようになりました。 

3.スマホのトップ画面に「いつも入っているアプリ」を教えてください

  • カレンダー
  • 写真
  • カメラ
  • 計算機
  • 設定
  • 時計
  • App Store
  • 天気
  • Calendar
  • Google Maps
  • Notes
  • お金レコ
  • Mail
  • Instagram
  • Facebook
  • Messenger
  • Twitter
  • メルカリ
  • Pintrest
  • Amazon Music
  • Money関連フォルダ
  • Lifeフォルダ
  • Shoppingフォルダ
  • 英語関連
  • 通話
  • LINE
  • ミュージック
  • Safari

4.ご自宅や職場における「お気に入り」の場所はありますか

強いて言うなら、自宅の中でも長くいるソファー周辺がお気に入り。

ソファーは、去年1人暮らしを再開したときに、オットマン付きを購入。

オットマンは、1人掛け用の椅子にもなるし、ソファ―の長さを長くすることもできて、自在に使い方や配置を変えられるのが便利。

ソファー前の机は、下に物を置くスペースがあります。

この仕様のおかげで、常に机の上に何もない状態を保つことができます。

このスペースには、使用頻度の高い三色ボールペやノート、パソコン、メイクポーチが置いてあります。

5.「もっとも捗った」ライフハック術は何ですか

LINE通知を非表示にする

LINEがきたときの通知音や本文表示だけでなく、アイコン右上に赤丸で表示されアイコンバッチ)を非表示にしました。

メッセージがくるたびに反応することがなくなり、自分のペースで過ごせるようになりました。

重要な時は電話で連絡すればいいし、1日に3回以上はチェックするので十分。

iPhoneの「設定」→「通知」→「LINE」の「Appアイコンにバッジを表示」をオフにすることでアイコンバッチ(件数通知)がでない設定が可能です。

健康習慣をつくる

健康だと、身体的、時間的、金銭的コストがおさえられるだけでなく、日々のあらゆるパフォーマンスを最大限引き出せます。

健康を保つための習慣づくりは1番のライフハックとも言えるかもしれません。

日々の運動や食生活、睡眠の質、悪い習慣を断ち、良い習慣をつくり、病院へはCURE(治療)ではなく、CARE(予防)のために行って、「辛さ」は最少に「幸せ」を最大限にします。

健康でいることは、生活の質や幸せに直結するから、健康維持が、最重要事項。

「健康」は命よりも大事なくらいは大事に思っています。

健康はWHOの定義が基準で、肉体、メンタル、社会的にも満たされている状態。

“Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

(健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。)”-日本WHO協会訳より-

これで言うと今の私はとても健康です。

だから幸せを日々感じるし、特別なことが必要ないくらいには満たされています。

6.スマホとPC以外で「手放すことができない」ガジェットはありますか

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション

フィリップスの電動歯ブラシ「ダイヤモンドクリーン」だけはどこにでも持っていきます。

再生不能な「歯」は、健康だけでなく印象も大きく左右するので、大事にしてもし過ぎることはないなと思っています。

使い始めてから7年、虫歯になったことはゼロ。歯茎のトラブルもゼロ。

歯科検診にいっても、歯石もないと言われるくらいになりました。

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

Boseの「QuietControl 30 」は、ノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドフォン。あらゆる雑音をカットしてくれるので、音楽がクリアに聴こえます。

イヤホンは首にかけるから落ちにくいし、ワイヤレスなので身軽に動けます。最近、家の前で建設工事をしているのでノイズキャンセリング機能のあるこのイヤホンが手放せません。 

7.「もっとも大好きな」楽曲を3つ教えてください

青空:THE BLUE HEARTS

最も衝撃を受けた曲は、THE BLUE HEARTS の「青空」。まっすぐで純粋でシンプルな歌詞は、思春期まっただ中の私に響きました。

知った当時はすでに解散していましたが、悩める思春期を支えてくれた音楽であり、今も変わらず好き。ヒロトとマーシーはずっと憧れ。今も私の中の価値観や考え方のベースは彼らから強い影響を受けています。

Merry Christmas Mr.Lawrence:坂本龍一

小学生の頃、一目ぼれならぬ「ひと聴き惚れ」した坂本龍一の「Merry Christmas Mr. Lawrence」。20年以上飽きることなく大好きな曲。 いつ聴いても美しい。

映画「戦場のメリークリスマス」の最後のシーンでこの曲が流れるタイミングも絶妙で、流れた瞬間に涙がでます。

Gayatri Mantra:Deva Premal

ヨガにはまっていたときに出会ったDeva Premalの歌う「ガヤトリ-マントラ」。

真言とも言われるマントラなので同じ音をリピートするだけですが、これはメロディーがあるので聴きやすい。デトックスされるような心地よさを感じます。 

8.「何度も読み返してしまう」愛読書は本や漫画は何ですか

ハタヨガの真髄_600の写真による実技事典

本も漫画も1度読んだらすぐに手放し、基本的にリピートはしない派。

ですが、ずっと手放せなかった本の1つに「ハタヨガの真髄」があります。

20代でヨガにはまっていた頃、何年も持ち続けていました。

アサナ(ポーズ)のからだの使い方、呼吸法、哲学まで、わからないことがあればこれを読めばだいたい解決します。

初心者から上級者まで使えるので、ヨガの本はこれ1冊でいいのではないかと思えるくらいです。

ヨガ熱が減ってきたので、去年手放しましたが、ヨガは健康維持のツールとして最高なのでほそぼそとやっています。

恋人から家族になったような感じ。 

 

 

9.「よく着用してしまう」コーディネートを教えてください

デニム×ベーシックトップス

デニムとTシャツやシャツなどシンプルでなんでも合わせられるようなベーシックなトップスのコーデは、使い勝手が良くてお気に入り。

飾りすぎない定番シンプルコーデなので、年齢、性別、場所、季節を選ばず着られるのが最高なんです。

シンプルなので、色のある小物(靴やアクセサリー)やポイントになるアクセサリーを合わせてポイントを入れます。

ノースリーブニット×フレアスカート(柄物か色物)

ファッションアイテムもミニマルにしようとするとシンプルになることが多いので、柄や色を入れるとテンションが上がります。だからこそ1つは柄やちょっと冒険した色のアイテムを持つようにしています。

中でも最も合わせやすくお気に入りでいつも着ているコーディネートが「ノースリーブニット×フレアスカート」です。

ノースリーブニットはUNIQLOで毎年購入。鎖骨まで日焼けしないのに、ノースリーブなので涼しいのがいい!

このコーデは、胸は開かないし、スカートも長めで、いやらしさがないのもポイントが高いです。

10.物を所有するときに「必ず従う」こだわりを3つ教えてください

物を持つときに意識するのは次の3つ。この中の2つ以上が欠けたら持たないです。

好き

身の回りを「好き」だけで囲っていたら、元気になれる空間が作れるから「好き」な気持ちに正直に選びます。

最近はグッとくる物が減ってきたので、ときめく物があったら嬉しい!

必要

基本的に不要なものは買いません。使う予定がないのなら、好きすぎてたまらないと思う物以外は持ちません。

「使うかもしれない」と思っても、物によりますが1週間以内に使う予定がなさそうなら様子をみます。

終わりが見える

所有して「使い切れるか」ということと、使った後に「譲り先がすぐみつかるか」を考えて選んでいます。

物は持ったら使い切るか、回したい。 終わりが見えていると、不要が溜まって重くなってしまうのを防げます。

そういう意味でも、返却先が決まっているレンタルサービスはありがたいなと思って使っています。

11.「いつも持ち歩いている」物(EDC)について教えてください

iPhone、財布、ハンカチ、鍵は、常に持っています。途上国暮らし中に体調が悪くなって病院へ行ったら、即入院になったのですが、その時に持っていたものもこれだけでした。

寝ているだけなのもあるけど、5日間、全く問題ありませんでした。今もこれ以上の物を持ち歩く必要性を感じていません。

12.EDC以外でかばんの中に「必ず忍ばせる」物を教えてください

遊びに行くときは、いつも持ちあるく物にプラスして、小さい香水、リップ、口紅を入れています。最低限のメイクグッズですが、メイク直しはこれで十分。

あと、1人の時間を楽しむために、ワイヤレスヘッドフォンや、そのとき読んでいる本を持ち歩くこともあります。

大きいバッグだと物が散らばってしまうのでバッグは小さめ、物を失くさないために持ち物は少なくしています。

13.「最も効果的だった」断捨離の方法があれば教えてください

「引越し・移動」 多く物を持っていた私が、トランク1つ分までに荷物を減らせたのは、移動が多かったから。移動する回数が多いほど、楽に動けるように自動的に物を減らす意識を持つようになっていきました。

荷物が多いほど重くて疲れます。移動が面倒になって、あらゆる機会損失をしてしまう可能性もあります。それがすごく嫌だったから、軽々と楽に移動するためなら、荷物はいくらでも減らすことができました。

その後は、身軽でいることが快適になったので物を必要以上には増やしません。身軽な快適さを感じたことがないのなら「たくさん移動する」は効果のある断捨離としてオススメです。

14.いまお答えいただいている質問を「どうしても聞いてみたい」相手はいますか

父と祖父。今思えば一番身近に一番のミニマリストがこの2人だったから。実家は物が多かったのに、父と祖父の物はほとんどなく、遺品整理は1日で終わりました。

父は、気に入った物を少数精鋭で持っているタイプ、祖父は自然と共存するサバイバルタイプ。自給自足は当たり前で、仙人のようでした。

ただ、2人とも愛情はマキシマム。惜しげなく愛された記憶しかありません。このDNAを継いで「物は少ないけど、愛情はマキシマム」な人になりたい・・!

15.これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください

ヨガの師(グル)に言われた「登る道は違っても、頂上は同じ」という言葉。ヨガでもスポーツでも勉強でも遊びでも、方法が異なっても、求める物、たどり着く先、そこから得られる価値は本質的には同じ。

だから、どの登山道を選んでもいいという意味。不安でも、否定されても、周りに誰もいなくても、選んだ道を信じて登っていく勇気をもらいました。

もちろん違う道を歩いている人を否定するのはナンセンス。この言葉を聞いてからは、自分と異なる方を選ぶ人がいても、自分の正しさを”押し付けない”を意識するようになりました。

ミニマリストでもマキシマリストでもどちらでもいいし、家庭持ちでもシングルでもどちらでもいい。肩書きはなんでもいいです。

絶対的な正しさがあるとすれば、その時のその人の正しさに従うことだと思っています。