はじめてのクルーズ旅行におすすめの格安クルーズ5選【2018~2019年版】 | SUITABLISM

はじめてのクルーズ旅行におすすめの格安クルーズ5選【2018~2019年版】

最近は1泊1万円台という格安のクルーズが増えてきています。

初めてのクルーズ旅行は日本発着の1泊1万円台の格安クルーズがオススメします

旅行日数も比較的短めで寄港地までの移動費や時間も節約できる船旅を楽しむには、格安クルーズは絶好の機会になるでしょう。

【2018年格安クルーズ】日本発着でおすすめの豪華客船5選+番外編

今回は、2018年後半から2019年にかけて日本発着のクルーズ船をタイプ別におすすめの船とその内容をご紹介しましょう。

1.海外初心者でも安心!クルーズ旅行を身近なものにした「ダイヤモンド・プリンセス」

ダイヤモンドプリンセスの基本情報
  • 世界三大クルーズ会社のプリンセス・クルーズが所有する豪華客船
  • 乗客定員2,706名、1,337室の大型客船
  • 2014年に日本人向け大規模リノベーションを実施

「ダイヤモンド・プリンセス」は世界三大クルーズ会社のプリンセス・クルーズが所有する英国船籍の豪華客船

三菱重工業長崎造船所で建造された乗客定員2,706名、1,337室という大規模クラスながらも落ち着いて過ごせると評判のクルーズ船です。

ダイヤモンドプリンセスのエンタメ面・サービス面
  • 日本発着に特化しているので国内やアジア近郊を気軽に周遊できる
  • 日本語サービスや展望風呂や料理など日本人好みのサービスが充実
  • 外国船籍なので本場のカジノやエンターテイメントが楽しめる
  • メインダイニングが5か所と食事のバリエーションが豊富

日本発着に特化しており、国内やアジア近郊を気軽に周遊できるのが最大の魅力。

そのため日本人に向けてのサービスが充実。日本語スタッフも乗船していて安心感が違います。

それでいて外国客船ならではのエンタメ面も充実。ショーやカジノ、プールデッキなど船内での時間の方があっという間にすぎるかもしれません。

外国船籍では初のオーシャンビューの展望浴場があり、ゆったりと湯舟につかりながら目の前に広がる大海原を楽しむことも。

メインダイニングが5か所あり、毎日の食事に飽きることはありません。お寿司屋さんもあるのでクルーズ旅行で和食が恋しくなっても大丈夫ですね。

ダイヤモンド・プリンセスの料金詳細
  • 内側キャビンを狙えば1泊1万円を切る価格も
  • 60%オフのクルーズも存在する
  • 満足度の高さから考えてもお値打ち価格で楽しめるクルーズ

船での移動費、宿泊費、食費、エンターテイメント、アクティビティ参加費をすべてふくめて1日あたり1万円台から。かなりリーズナブルなクルーズと言えるでしょう。

景観のない内側の客室に限っては値下げキャンペーンを実施しています。

例えば、「11月出発の横浜発着!陽気に沖縄・台湾クルーズ8泊9日」では、132,000円のところなんと77,000円と約60%オフ。

まさかの1泊あたり1万円を切る価格になっています。

沖縄旅行と台湾旅行、両方にいったらこの値段ではすみません。2019年3月までの出発が対象になっています。客室は寝に帰るだけ、という方なら、このチャンスは見逃せませんね!

2.お子様連れでもリーズナブルに楽しみたいなら「コスタ・ネオ・ロマンチカ」

「コスタ・ネオ・ロマンチカ」の基本情報
  • 海の上のイタリアと呼ばれる客船
  • 日本海周遊クルーズが有名
  • 2012年に行った大規模改修でスイート客室を増設

「コスタ・ネオ・ロマンチカ」は海の上のイタリアと呼ばれるコスタクルーズの客船。2017年に日本発着で日本海周遊クルーズに就航して話題になりました。

2012年に大規模改修を行い、スイート客室を増設。乗客定員数1,800人、客室数は789室。内側・海側・バルコニー付き・スイートの4タイプがあります。

ゆったり感や豪華さを演出しながらも、カジュアルにリラックスして楽しめるのが魅力です。

「コスタ・ネオ・ロマンチカ」のエンタメ・サービス面
  • 外国船籍なので本場のカジノやエンターテイメントが楽しめる
  • ディナータイムに無料託児サービスを用意
  • 日本語サービスも充実しており安心
  • 日本発着で飛行機や鉄道で移動しにくい県に寄港するのでお得感がある

外国船籍なので本場のカジノやエンターテイメントが楽しめるのはもちろんですが、子ども向けのアクティビティも充実。

ディナータイムに無料託児サービスを用意。大人だけでゆっくりとした夜を過ごすことも可能なのは嬉しいところ。

イタリア船籍ですが日本人向けのサービスがあり、日本語サービスはもちろんのこと、メインレストランで和朝食や夜食なども用意されているので安心。

「コスタ・ネオ・ロマンチカ」が周遊するスタンダードなコースは太平洋側だと以下の通り。

  • 東京・神戸・那覇・宮古島・基隆(台湾)

日本海側もぐるりと周遊するグランドコースでは、飛行機や電車で移動することが手間になるエリアも回ってくれます。

  • 函館・青森・酒田・新潟・金沢・舞鶴・福岡・釜山(韓国)
「コスタ・ネオ・ロマンチカ」の料金詳細
  • 大人2名と同室の子ども(13歳未満)はクルーズ代金無料
  • ドリンクパッケージなし・ダイニング時間指定なしというバリューパッケージが激安
  • リピーター割引もあるので乗れば乗るほど安くなる

「コスタ・ネオ・ロマンチカ」では、大人2名と同室の子ども(13歳未満)はクルーズ代金無料という太っ腹な料金設定。

内側の客室なら1泊約1万円台なので、子どもがいるからクルーズなんてとても無理!と思っていた方でもチャンスはあり。

「コスタ ネオ ロマンチカ」の料金プランですが、ドリンクパッケージなし・ダイニング時間指定なしというバリューパッケージがともかくお得です。

販売動向と連動してクルーズ料金変動制を採用しているので、出発日や行先にこだわらなければ1泊1万円を切る価格も夢じゃないかもしれません。

また、リピーター割引もあるので乗れば乗るほど安くなっていくというのはうれしいですよね。

3.これぞ客船という華麗でエレガントなクルーズを満喫するなら「MSCスプレンディダ」

「MSCスプレンディダ」の基本情報
  • イタリア最大の船会社MSCクルーズが所有するパナマ船籍の客船
  • 2009年に就航したばかりの新しい船
  • 地中海を旅しているかのような雰囲気が味わえる

「MSCスプレンディダ」はイタリア最大の船会社MSCクルーズが所有するパナマ船籍の客船。2009年に就航、2018年5月に初めて日本発着クルーズを実施し、注目を集めています

乗客定員数は3,274名、客室は1,637室と大型船。

スペイン・バルセロナ風のデザインを取り入れたスタイリッシュな船内では、まるで地中海を旅しているかのような雰囲気。

「MSCスプレンディダ」のエンタメ・サービス面
  • 大型外国客船ならではの迫力満点なエンターテイメントが充実
  • メインダイニングやビュッフェを含め7か所のレストランで飽きさせない
  • ワンランク上のサービスが受けられる「MSCヨットクラブ」がある

スワロスキー・クリスタルを散りばめたきらめく階段や3層吹き抜けの開放的なレセプション(ロビー)、船の中とは思えない本格的なシアター、多彩なメニューを取りそろえたスパトリートメント、雨天でも楽しめる移動式屋根付きプールなど、ラグジュアリーなクルーズのイメージそのもの

ビュッフェは洋食だけではなく、和食や中華など幅広いメニューが揃い、1日20時間オープンしているので、お腹が空いた時に気軽に食事ができて便利。メインダイニングと合わせて7つのレストランがあります。

船内にはワンランク上のサービスが受けられる「MSCヨットクラブ」があります。

24時間のバトラーサービスや専用コンシェルジュ、滞在者のみが利用できる専用レストラン、プライベートプール、ジャグジーなど、プライベート感たっぷりの特別な時間が過ごせます。

「MSCスプレンディダ」の料金詳細
  • 1泊1万5千円前後と他よりは少し値上がりするがそれでもお得すぎる
  • 18歳以下の子ども、または3人目・4人目の料金は無料
  • ラグジュアリー感たっぷりで1泊1万円台のリーズナブルプランあり

「MSCスプレンディダ」の日本発着プランは横浜か上海いずれかの発着とあまり選択肢がないのが現状。

ですが、2019年は横浜、大阪、台湾、沖縄、鹿児島と周遊し、再び横浜へ戻ってくる10日間のクルーズも予定されています。

また、横浜出発でドバイまでのグランドクルーズ31日間という夢のようなプランもあります。

他の客船に比べると「MSCスプレンディダ」は1泊1万5千円前後と少し値段は上がりますが、この値段で3食付きのホテルには宿泊できませんよね。しかも移動費もアクティビティ費も含まれたお値段なのですからなおさら。

しかも「MSCスプレンディダ」では18歳以下の子ども、3人目・4人目の料金は無料。大家族ならよりお得に利用できちゃうかもしれませんね。

4.ドレスコードのない自由さが大好評の「ノルウェージャン・ジュエル」

「ノルウェージャン・ジュエル」の基本情報
  • 評判のノルウェージャンクルーズラインのアメリカ船籍の客船
  • 水着のままでもバーの利用が可能など数々の世界初を実現
  • ドレスコードなしでもOKとフランクさが売り

「ノルウェージャン・ジュエル」はクルーズ旅行に改革をもたらしたと評判のノルウェージャンクルーズラインのアメリカ船籍の客船。

フォーマルなどのドレスコードはなく、食事時間も席も自由。柔軟な過ごし方ができる船として数々の世界初を実現してきました。

乗客定員数は2,376名、客室は1,188室。最上階にあるスイート「ザ・ヘブン」を始め、6つの客室カテゴリーがあります。

24時間オープンしているカジュアルパブ「オ・シーハンズ」を始め15のレストランやカフェ、バーなどをラインナップ。

水着のまま利用できるビュッフェバーもあり、まさにノルウェージャンならではの自由さで、クルーズ初心者にはうれしいスタイルです。

日本に寄港するのは4月~5月のゴールデンウィークのみですが、沖縄や台湾など魅力的な寄港地を回るのでこのチャンスにクルーズデビューはいかが?

「ノルウェージャン・ジュエル」の料金詳細
  • 繁忙期でも1泊1.2万円ほど
  • 2人目は半額適用でお得度アップ

8泊9日横浜発着で約10万円からと、繁忙期でも1泊1万2千円前後とは破格のお値段です。

2人目は半額適用もあり、カップルでの利用がオススメ。

5.東京なのに気軽に行けない小笠原諸島へ。「ぱしふぃっくびーなす」

最後に少しお値段は高くなってしまいますが、日本船籍の客船をご紹介しましょう。

「ぱしふぃっくびーなす」の基本情報
  • 日本クルーズ客船株式会社が運行するコンパクトな客船
  • 飛鳥Ⅱに比べるとリーズナブル

「ぱしふぃつくびーなす」は、日本クルーズ客船株式会社が運行する船。乗客定員数は630名で客室数は238室とコンパクトです。ベッドを備えた特等室(スイート・19.1㎡)は4部屋あります。日本船籍なのでレベルが高く安心できるサービスを受けることができます。

「ぱしふぃっくびーなす」のエンタメ・サービス面
  • 日本船籍の船なので英語が苦手な人でも安心!
  • 日本人好みのエンターテイメントやアクティビティが揃いことばの心配なし
  • 展望浴室は無料で利用可

「ぱしふぃっく びいなす」は日本船籍のクルーズなので英語が苦手な人でも安心して乗船できます。

エンターテインメントも日本人に合わせて、モノづくりイベントや寄港地に関する講座など趣味・教養が身につくイベントが多数あります

ショーでは伝統芸能や手品など変わったステージもあり日本人でも楽しめるのはありがたいですよね。アクティブに船旅を楽しみたい方は日本船籍の「ぱしふぃっくびいなす」に乗船するべきかもしれません。

また、無料の展望浴室にて水平線を眺めながらゆっくりと入浴を楽しむことができます。

「ぱしふぃっくびーなす」の料金詳細
  • 小笠原諸島まで快適にアクセスできて豪華に滞在
  • 1泊あたり3.7万円で宿泊できる

「ぱしふぃっくびーなす」を特にお得に利用したいなら、おすすめしたいプランが小笠原クルーズです。

「ぱしふぃっくびーなす」なら5泊6日の行程で最も安い客室で18.5万円から。1泊あたり約3.7万円となります。

食事や船内でのエンターテイメント、アクティビティ全部込みのお値段で考えてみるとコスパも素晴らしい。

小笠原諸島は東京都ですが船でしかアクセスできない離島。しかも竹芝桟橋を出発して24時間かかるうえに片道7万~8万円。

小笠原諸島内には宿泊施設が少なく民宿が中心です。客船でアクセスすると船がそのままホテルなので滞在中もずっと快適なのがポイント。

コスパという面で考えたらこんなにリーズナブルな旅はできないのではないでしょうか?

【番外編】侮れない!豪華に進化した長距離フェリー

国内を運行するフェリーのイメージといえば「格安」で「雑魚寝」。

ところが最近、豪華客船なみのラグジュアリー感を演出したフェリーが次々造船されています。しかも、高級ホテル並みの特等客室まで登場しています。

九州と大阪などを結ぶ「阪九フェリー」や「フェリーさんふらわあ」にはロイヤルやスイートクラスの客室を導入。北海道発着の「太平洋フェリーニューいしかり」には展望風呂まであります。

いきなり外国船籍の豪華客船クルーズはちょっとハードルが高いとお考えの方は、まずはフェリーの豪華旅行で船旅の一端に触れてみるのもありかもしれませんね。

まとめ

長いお休みが取れない方は行きはフェリーで帰りは飛行機や新幹線という選択肢で。フェリーなら車ごと乗船できるので、現地についてからレンタカーを利用する必要もありません。

旅の選択肢は空ばかりをみるのではなく、海をみてみましょう。

空路で旅先にはやく訪れるのも一興ですが、海路でゆったり非日常を味わいながら旅先に向かうも一興ですよ。

日本発着でおすすめの豪華客船5選まとめ
  • お値段重視なら「ダイヤモンド・プリンセス」
  • 子連れでお得に楽しむなら「コスタ ネオ ロマンチカ」
  • 豪華本格クルーズをリーズナブルに体験するならMSCスプレンディダ」
  • GWの旅費を格安に抑えるなら「ノルウェージャンジュエル」
  • 小笠原諸島へコスパ最高の「ぱしふぃっくびーなす」

長期間お休みが取れる方にはピースボートがオススメ。こちらも記事も参考にしてみてください。